投稿者「北谷まり」のアーカイブ

カジノ勝手に決めるな 市民の声聞け

こんにちは 北谷 19.11.6-06各地でカジノ誘致の是非を直接市民に問う住民投票実施を求める行動が広がっています。行動の中心は住民投票条例を求める署名を集める人(受任者)の登録です。10月26日(金)、カジノ誘致反対横浜連絡会が呼びかけた全市一斉宣伝が取り組まれ、一日で400人を超える受任者が登録されました。日本共産党の横浜市会議員団9人も、各地の行動に参加しています。

◎PDF版はこちら 

をご覧ください。

横浜に新劇場? その実現性は・・・

こんにちは 北谷 19.10.30-06林市長が設置した「新たな劇場整備検討委員会」が今般「中間とりまとめ」を公表し、オペラ、バレエを上演できる新劇場整備に向けて事態が急展開していることから、10月25日、党市議団は新国立劇場を視察しました。横浜市が新たな劇場を持とうとすると財源、運営体制、人材育成など様々なハードルを越えなくてはならないことが改めて明らかになりました。市長は市民負担については全く語っておらず、市民的合意は視野に入っていません。短期間のうちに結論を出し、事業化に走る市長の今のやり方は、いかに乱暴で拙速で間違っているのか、広く市民に知らせていくことの重要性を再認識する視察でした。

◎PDF版はこちら 

をご覧ください。

韓国カジノ問題の現地視察

こんにちは 北谷 19.10.23-0610月17日~19日、日本共産党横浜市議団を代表し、私は古谷やすひこ副団長とともに韓国のカジノ視察に参加しました。党県議団から上野達也議員も参加しました。仁川空港からモノレールで結ばれているIR型カジノ(外国人対象)と、ソウルから電車で4時間のところにある江原ランド(自国民対象)を訪問しました。報告書は後日、団ホームページにアップし、報告会も行う予定です。

◎PDF版はこちら 

をご覧ください。

台風15号被災中小企業への復興支援ー補助金が創設されました

こんにちは 北谷 19.10.16-06関東地方を襲った台風15号。特に護岸が損壊して大量の海水が流れ込んだ金沢区臨海部産業団地などの被災企業への復旧支援、被災農家への支援を推進する補正予算が市会で提案され、本日の本会議で可決される見通しです。9月13日、党市議団は被災した金沢区臨海部産業団地を視察、20日には林市長に台風15号の被害の全容把握と生活再建最優先の被災者支援策強化を求める申し入れを行っています。事業者だけでなく、被災住宅への支援制度の導入も引き続き求めていきます。

◎PDF版はこちら 

をご覧ください。

カジノはいらない!横浜の未来は市民が決める!

こんにちは 北谷 19.10.9-01-01こんにちは 北谷 19.10.9-01-0210月3日、関内ホールで開催された市民集会は、1200部用意した資料がすべてなくなり、会場に入りきれない人がロビーに溢れました。カジノ誘致反対横浜連絡会の事務局長から、カジノの是非を問う住民投票の条例制定と実施を目指す運動が提起され、当面は年内に1万人以上の署名サポーター(受任者)登録を目指すことが確認されました。集会では、幅広い団体、政党、個人が参加して壇上に立ち、カジノ誘致をさせない思いや住民投票実施への決意などが話されました。日本共産党横浜市議団は、カジノ誘致の是非を問う住民投票実施を求める市民運動と連帯し、力を尽くします。

◎PDF版はこちら 

をご覧ください。

カジノはいらない!横浜の未来は市民が決める!

こんにちは 北谷 19.10.9-01-01こんにちは 北谷 19.10.9-01-0210月3日、関内ホールで開催された市民集会は、1200部用意した資料がすべてなくなり、会場に入りきれない人がロビーに溢れました。カジノ誘致反対横浜連絡会の事務局長から、カジノの是非を問う住民投票の条例制定と実施を目指す運動が提起され、当面は年内に1万人以上の署名サポーター(受任者)登録を目指すことが確認されました。集会では、幅広い団体、政党、個人が参加して壇上に立ち、カジノ誘致をさせない思いや住民投票実施への決意などが話されました。日本共産党横浜市議団は、カジノ誘致の是非を問う住民投票実施を求める市民運動と連帯し、力を尽くします。

◎PDF版はこちら 

をご覧ください。

空母化予定の護衛艦「いずも」 横浜港一般公開やめよ

こんにちは 北谷 19.10.2-069月30日(月)、日本共産党横浜市議団は林文子市長あてに、護衛艦「いずも」の一般公開をはじめとする公共施設での海上自衛隊「フリートウイーク」の中止を求める申入れを行いました。大貫憲夫議員(青葉区)は、「いずも」の一般公開は兵器に慣れさせ、戦争への抵抗感を薄めようとする狙いが透けて見えると指摘。戦争しないと誓った憲法9条をもつ日本では本来実施できないはずのものだと指摘し、国に対して、横浜市として使用ノーの意思表示を行うべきだと主張しました。中野港湾局長は、いただいたご意見は、防衛省、自衛隊にしっかり伝えると応えました。

◎PDF版はこちら 

をご覧ください。

カジノ誘致許さないたたかいはこれから カジノ誘致推進の補正予算が可決

こんにちは 北谷 19.9.25-069月20日、市会本会議でカジノIR誘致のための調査関連費4億円の補正予算案が自民、公明の賛成多数で可決・成立しました。両党以外の全ての会派が補正予算案に反対しました。私は日本共産党を代表して反対討論に立ち、林文子市長は、カジノ誘致の判断前に市民意見を聞く場を設けたいと本会議答弁したにも関わらず、意見を聞かずに誘致を宣言したことを批判し、何をするべきかを再考するよう求めました。4億円の予算案が成立したとはいえ、たたかいははじまったばかりです。日本共産党は、林市長に対し、住民投票の実施と選挙で信を問うことを求める世論形成に力を尽くします。

◎PDF版はこちら 

をご覧ください。

台風の被害にあった中小企業に支援を 横浜市金沢区の工業団地を調査

こんにちは 北谷 19.9.18-069月13日(金)、日本共産党横浜市議団は党中央災害対策本部の畑野君枝衆議院議員とともに、台風15号による防波堤破壊で深刻な被害を受けた横浜市金沢区の工業団地を視察しました。横浜企業経営支援財団の担当者は、「工業団地内の約700社のうち100社超が被害を受けたと思われるが、さらに拡大するのは必至」と見ています。大貫市議(国際・経済・港湾委員)は「被災企業への支援は緊急の課題。カジノ誘致に4億円もの税金をかけるより、再建のための補正予算を求めたい」と述べました。

◎PDF版はこちら 

をご覧ください。

カジノIRは地域経済を縮小させるもの ー 本会議場で誘致撤回を迫る

こんにちは 北谷 19.9.11-06横浜市議会では6日(金)、会派を代表した一般質問が行われ、みわ智恵美議員(港南区選出)が市民と約束した説明責任を果たさずに行ったカジノ誘致宣言について、林文子市長に撤回を迫りました。カジノIRを立地すれば、関東一円の地域から数千億もの円資金が日本の金融市場から引き上げられることが毎年繰り返されると指摘。地域経済の縮小になることを直視すべきだと主張。林市長は、利益の多くが国内に還元されるなどと従来の答弁を繰り返しました。

◎PDF版はこちら 

をご覧ください。